地域をえらんでください ウィンクじゃけん ウィンクじゃけん ウィンクじゃけん  
【Review】シネマ日記

2008年02月21日

ガチ☆ボーイ、大プッシュ!

おひさしぶりのシネマ日記です目

今日は、わたくしヒーバーが大プッシュしている作品のご紹介。
『ガチ☆ボーイ』をみなさん御存じでしょうか??
サエコが妊婦姿で舞台挨拶に立ってた、あの作品ですよexclamation

この映画との出会いは先日の試写会にてわーい(嬉しい顔)
俳優のファンでも、ストーリーに惹かれたわけでもなく
何となく足を運んだのですが。。。

終了直後。一緒に行っていた
他のスタッフと顔を見合わせて絶句目
そのあとは、延々と絶賛の嵐で、
各々、興奮状態ぴかぴか(新しい)
こんな映画は初めてでした映画
そのあとのワインの美味しかったことバー
って、それは関係ないか(笑)。

いや、でもお気に入りの映画に出会えた時の
感動は本当に素晴らしいものだなと
実感させてくれる映画でしたわーい(嬉しい顔)

気になるストーリーはというと、
佐藤隆太演じる主人公が
障害を抱えながらもプロレスに奮闘し、
仲間との絆を深めていくものるんるん

とまあ、あらすじを言うとこんな簡単に
なってしまうのですが、笑いがあり、
泣ける所がありというそのバランスが絶妙なのですexclamation×2

顔の半分が笑っててわーい(嬉しい顔)
顔の半分が泣いてるかんじもうやだ〜(悲しい顔)

本当に不思議な感覚でしたるんるん

明後日2/23発売のウインク3月号には
主演の佐藤隆太さんのインタビューも
掲載されているので是非こちらも
チェックしてみて下さいぴかぴか(新しい)

そして、いよいよ3/1(土)から、広島宝塚、
TOHOシネマズ緑井などで公開予定です目

今度はまわりの大切な人達を連れて、
何度でも観にいきたいと
思っているヒーバーでしたプレゼント
posted by ウインク広島編集部 at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【Review】シネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Review】シネマ日記

2007年07月04日

レミーのおいしい天然コケッコー♪

こんにちは、ヒーバーです目
いよいよ本格的な梅雨モードですね雨
今日は1日雨かなー。。
水不足になったらいけないので、雨が降るのは
ありがたいことなんですけどねーわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
ただ、やっぱり気分はちょっと憂鬱です〜バッド(下向き矢印)
みなさんはいかがお過ごしですか???

さて、昨日はなんと『試写会はしご』してきましたexclamation×2

まず1本目は『ファインディングニモ』や
『トイストーリー』などの名作でお馴染み、
『ピクサー』の最新作exclamation
『レミーのおいしいレストラン』レストラン

いやあ、料理を楽しむって事は本当に素敵な事ですぴかぴか(新しい)
そんなことを感じさせてくれる映画です。
ネズミが厨房で料理exclamation&questionそんなタブーとも言える
シチュエーションを、コミカルに、そして時にホロッと
させながら描いていますわーい(嬉しい顔)

ちなみに、おいしそうな料理がいっぱいでてきて
お腹が空くので、ある程度の空腹は
満たしていった方が良いでしょう(笑)。


そして、次に見たのが、お隣は島根県でロケが行われた
『天然コケッコー』晴れ

島根県の田舎を舞台に中学生の淡い、
ほろ苦い、恋を描くストーリー。


実はヒーバー、先日一部分ですが
その撮影が行われたロケ地と原作者である
くらもちふさこさんが少女時代を過ごした町なども
見てきており、より一層興奮しながら
見入っていました目


あと、やっぱり島根県が身近ということもあって、
あーいるいるこういう人、とか、
お祭りの神楽とか、すごく親近感を持って
観る事が出来ましたグッド(上向き矢印)

なんでもないことが大切に思える事、
振り返ってみればなんでもないような事。

優しいメッセージをくれる
映画だと思いますわーい(嬉しい顔)

どちらもオススメなので、
ぜひ観てみてください〜手(チョキ)
posted by ウインク広島編集部 at 12:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 【Review】シネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Review】シネマ日記

2007年01月31日

ビヨンセ主演!『ドリームガールズ』

見てきましたよ−ー
ビヨンセ主演の話題作『ドリームガールズ』。
1981年にブロードウェイで初演され、
トニー賞6部門に輝いた物語を映画化した作品。

この映画、ビヨンセの華麗さにばかり
注目が集まりがちですが、俄然目が離せなかったのが
新人のジェニファー・ハドソン演じるエフィー。


彼女の歌声がまた、ホントにすごくて目ぴかぴか(新しい)

序盤、3人が爽快に唄い、
豪快なステージを繰り広げるんですが、
そのシーンで思いがけず涙が、、、もうやだ〜(悲しい顔)

なんかこう、解き放たれた感があって、
歌える喜びが伝わってくるというかぴかぴか(新しい)

私も唄う事はすごく好きなんですけど
何か乗り移ってきた感じがして
グーーーっと込み上げてきましたかわいい

ミュージカルテイストのストーリーがちょっと苦手でも
彼女の歌は聴くべきexclamation×2

きっと元気が出ますよ〜ハートたち(複数ハート)
posted by ウインク広島編集部 at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 【Review】シネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Review】シネマ日記

2007年01月16日

バブリー!!!!だぜ☆

皆さんはバブルの時代、何歳でしたか?

シネマ担当、YOSSYです。
正直、バブルの時代って、私はよくわかりません。
ジュリアナ東京とかお立ち台ギャルとか、、
もちろんそのくらいは知ってますが。笑

で、昨日、2/10公開の映画
『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』を
ひとあしお先に観てきました〜ひらめき

広末涼子、阿部寛、薬師丸ひろ子主演の話題の映画ですグッド(上向き矢印)

率直な感想は、
「おもしろい!!」
の一言わーい(嬉しい顔)

バブリーな時代、1990年にタイムスリップして、
バブル崩壊を止める爆弾というストーリーなんですが、
そのバブリーな時代を知らない私にとっては、
「へぇ〜。ほぉ〜。バブルってすげぇ〜〜」と驚きの連続exclamation×2で、
かなり楽しめましたわーい(嬉しい顔)

個人的には、
バブリーな時代は、お坊っちゃん役、
そして、現代では借金取り役という、
劇団ひとりの演技が、かなりのツボひらめき
いい味出してますぴかぴか(新しい)

あと、ところどころで出演する1990年当時の飯島直子、飯島愛、当時の懐かしのCMや音楽、そしてボディコンスタイルの女子たち…
細かいところまでリアルに1990年代の色が出てるんですexclamation×2

バブルを体感した世代の人は、絶対
「懐かしい!そうそう!!そうだった!!!」って、
楽しめるハズです手(チョキ)

ぜひぜひ劇場で、
バブリーな時代にタイムスリップしてみてくださいな目
posted by ウインク広島編集部 at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【Review】シネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Review】シネマ日記

2006年12月22日

トヨエツ、初来広!大興奮!

ウインク広島版のシネマ担当、YOSSYですぴかぴか(新しい)
ここでは、私YOSSYを中心に、ウインク編集部のスタッフが、
いち早く観た新作映画の話や、俳優、監督のインタビューの裏話など
映画に関するあれこれを綴っていきますーわーい(嬉しい顔)

そして、記念すべき第1回めの日記は、
そうexclamationタイトルにもある通り、
なんとあのトヨエツに会っちゃったーのですよexclamation×2
豊川悦司ですよexclamation&question
日本経済新聞で連載された、過激で切ない恋愛小説が映画化された
『愛の流刑地』のキャンペーンで、初めて広島に来られたんです黒ハート

やっぱり他の人にはない独特のオーラがありましたーグッド(上向き矢印)
足もものすっっっっっごく長くて、スラッとしてて、かっこ良すぎですぴかぴか(新しい)
さすがの佇まいに私を含め、記者さん達もいつもより緊張気味??
鶴橋監督と一緒に来広されたんですが、
取材終了後に、お二人が、
監督「楽しい取材だったね〜」
豊川「今までで一番良かったんじゃないですかねー」
と、なんとも嬉しいお言葉グッド(上向き矢印)

全国をキャンペーンでまわられて、
この広島が最終日だったそうでぴかぴか(新しい)
その中で一番exclamationだなんてexclamation×2

そんなインタビューの模様は、
ウインク2月号でたっぷり紹介しますので、お楽しみに!
posted by ウインク広島編集部 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【Review】シネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする